staff-bg_01.png

営業課 永井彰夫(入社歴8年)

前職では何をしていましたか?

前職は造作大工でした。 仕事をするからには残る物を造りたいと思ってました。より大きいものに挑戦したくて入社を決めました。

新入社員として最初はどんな仕事をしましたか?

最初は鉄骨の製造部に配属になりました。慣れない仕事ばかりで四苦八苦して先輩方によく怒られました。

仕事を円滑に進めるために心がけていることはありますか?

現場の作業員にミスがあったときに、社会人としてどういう注意の仕方をするかが大切だと思っています。
自分の中の怒りを感情的に相手にぶつけるのではなく、しっかりと理由を伝えて良好な関係を継続していく怒り方、伝え方が大事だと思います。
今の自分にはまだ難しいですけど大事なことだと思います。

株式会社縣鉄工所の社風は?

決して楽な職場ではありませんがアットホームな会社です。

現在の仕事内容を教えて下さい。

職長として現場管理をしています。現場を円滑に回すため日々精進しています。
人間関係を重視し家族のようにみんなに接するようにしています。

今後の目標を教えてください。

ブランド品と呼ばれ品質保証されるような物造りをし全国に名を轟かせたいです。

新社会人の方に応援メッセージをお願いします。

仕事をするようになると理不尽なことで叱られることはたくさんあります。
ですがそれが仕事をするということです。
そのときのお客様や先輩がどんな気持ちで叱ってくれたかを考えて、後年自分がその立場に立った時に生かせる人になって欲しいと思います。

休日の過ごし方などを教えてください。

気晴らしに旅行によく行きますね。

営業課 永井彰夫(入社歴8年)

入社を決めた理由を教えて下さい。

会社を設立された会長との面接でとても印象が強く、立派な建物の図面を描いてみたいと思いました。

入社前と後でのギャップはありましたか?

社員の上下関係が緩いので精神的に楽です。気軽に相談し合える雰囲気でしたね。

仕事をしていて一番うれしかったことはなんですか?

自分のイメージ通りに作業が進むと達成感がありますね。

現在の仕事内容を教えて下さい。

職長として現場の安全、工程、搬入管理をしています。

仕事をするうえで、愛用している道具を教えてください。

毎日色々なところから電話がかかってくるのでメモ用のバインダーは欠かせませんね。

仕事での失敗談を教えてください。

自分一人の考え、行動で思わぬ損害を会社に与えてしまったことがありますゼネコンさんとの打合せ内容を他部署に流さなかったことでミスが発生し、製作工程で二度手間をかけてしまいました。
些細なことでも報連相は欠かせないですね。

今の仕事に必要な能力を教えてください。

自分が実際に作業をするわけではないので技術力よりも皆を指揮できるリーダーシップが必要ですね。

就職活動中の学生へメッセージ

鉄骨というジャンルはあまり表に出ないジャンルですが、建築業界の中でも本当に奥が深いです。
是非興味を持っていただいて、当社に見学に来てください。

会社に対して求めていることはありますか?

皆が今まで以上に責任感を持って仕事が出来る環境を作ってほしいですね。
仕事を「やらされてる」→「自分から進んでやろう」と思う人をもっと増やしてほしい。

営業課 永井彰夫(入社歴8年)

入社を決めた理由を教えて下さい。

元々鉄工所で働いていましたが、もっと大きな規模の会社で自分の力を試してみたいと思い、入社を決めました。

入社して一番びっくりしたことは何ですか。

前の会社も同じHグレードでしたが、扱う鋼材が大きな物ばかりで驚きました。

効率良く仕事を行う秘訣を教えてください。

先を読んで無駄の無いように行うことですね。
一人でやる仕事ではないですので廻りの状況を把握しながら仕事をしています。
同時に何物件も扱ってますので現場に遅れがないように工夫しています。

職場環境について教えてださい。

工程が厳しくなったりすると他部署の仲間と助け合える環境です。

現在の仕事内容を教えて下さい。

柱の仕上げ、手直しを行っています。
大組立が終わった柱に仮設材や外壁下地などの細かいピースをつけたり、傷の補修を行います。
最後の工程になりますので最終チェックも行ってお客様が満足して頂く製品にすることを心がけています。

仕事での失敗談を教えてください。

思い込みで仕事をしていたら部品の付け間違いをしたことがあります。
小さな部品でしたが、現場の他職の方々に迷惑をかけてしまいました。

一緒に働きたいと思う人はどのような人ですか?

鉄骨に興味を持って、向上心を持って仕事をする人がいいですね。

休日の過ごし方などを教えてください。

家族と過ごすことが多いですが、地元のメンバーで野球をやったりしています。

営業課 永井彰夫(入社歴8年)

前職では何をしていましたか?

前職は東京で電気工事士の仕事をしていました。
結婚を機に愛知県へ引っ越した際に、ものづくりが好きだったので縣鉄工への入社を決めました。

仕事を円滑に進めるために心がけていることはありますか?

今の部署はいくつかある物件の中でどれを最優先してやらなければいけないか把握することが大事になっています。
前後の部署の仲間と連絡をしっかり取合って、工場の流れを止めないように工程を見極めるようにしています。

株式会社縣鉄工所の社風は?

工場全体が効率よく作業ができるレイアウトになっており、会社全体でムダなく製品を作ろうという雰囲気がありますね。

現在「挑んでいること」を教えて下さい。

今は柱と梁が取合う「サイコロ」という部品をロボットで溶接する仕事をしています。
ロボット溶接は大量に高精度な製品を作ることが可能ですが段取りや設定次第で全然結果が違ってきます。
どんな製品でも欠陥を出すことなく大量生産できるようになりたいですね。

今後の目標を教えてください。

今の部署のスペシャリストになって、この仕事は自分がいれば安心できると言ってもらえるようになりたいです。

どんなタイプの人がこの仕事に向いていると思いますか?

ものづくりが好きな人ならきっと向いている仕事があると思います。
鉄骨製作は本当に色々な作業工程があるので面白いですよ。

好きな言葉はありますか?

Time is moneyですね。

営業課 永井彰夫(入社歴8年)

前職では何をしていましたか?

タイヤメーカーで働いていました。
父が縣鉄工で働いていて、鉄骨製作が面白そうだったので入社を決めました。

新入社員として最初はどんな仕事をしましたか?

最初は梁の生産ラインに配属されましたが、全てが初めてのことだったので、班の先輩たちを見て溶接や図面の読み方を覚えました。

効率良く仕事を行う秘訣を教えてください。

今は5人で大梁を製作する部署のリーダーになっています。
部署全体の流れを把握して、皆が手待ちにならないように段取りを考える必要があります。
自分が仕事をする以上に前後の工程を把握し続けることが大事ですね。

職場環境について教えてださい。

仕事中は必要最低限の会話しかしませんが、皆仲良くて楽しい職場です。

仕事をするうえで、愛用している道具を教えてください

スケール、石筆、ハンマーなど加工に必要な道具はずっと同じ物を愛用してますね。

就職活動中の学生へメッセージ

就職活動中は自分が何をしたいか考えられる貴重な時間です。
色々な業種を調べて自分のやりたい仕事を見つけてほしいですね。

休日の過ごし方などを教えてください。

ずっと体を動かしてる仕事なので休日は家でゆっくりしています。